大腸内視鏡

001-01,1.jpg002-01,2.jpg
〒920-8203 金沢市鞍月4丁目144番地  電話076-266-8666

LinkIconトップページ>> 軸短縮法・炭酸ガス送気による安全・安楽な大腸内視鏡

軸短縮法による痛みの少ない全結腸内視鏡検査がウリです。
2009/5/15~炭酸ガス送気による、より安全・低侵襲で
検査後が非常に安楽な 大腸内視鏡検査 も開始しました。

通常(従来型)の大腸内視鏡検査では、たった数分の検査であっても、
観察のため大腸管腔内に充分な送気を行なうと、腸管内に空気が充満し、
検査後も中々抜けずに、数十分~数時間の腹部膨満感・苦痛を味わうことが多々ありました。

まして治療内視鏡(大腸ポリープ切除や粘膜剥離術)を行なう際には、術後の膨満感は必発です。

2009/5/15~当院ではUCRを用いたCO2ガスによる大腸内視鏡検査を開始しました。
これにより従来と比べて充分な送気による観察が可能になり、高周波メスによる治療も
さらに安全に行なえるようになりました。、そして術後の回復も数分以内で非常に速やかです。

炭酸ガスは空気に比べて極めて生体吸収性に優れている(空気のおおよそ200倍吸収され、肺呼吸により排出されます。)ため、内視鏡観察時に拡張した管腔を速やかに収縮し、検査・手術後の苦痛を大幅に軽減します。

01.jpgtitle.gif

UCR: 最適な流量の炭酸ガスを安定供給し2重の安全機構による過送気を防ぐ装置を導入しました。